先生

しつこい耳鳴りを治すには|薬で治すことができる

難聴の方の強い味方

花

集音器との違い

補聴器は、テレビの音が聞こえづらい、話が聞き取りづらくなった、騒がしい場所に行くと会話が聞こえなくなるなどの症状を改善してくれます。補聴器として販売されている製品は、厚生労働省に医療機器として認定されているものを指します。さらに、対面販売が義務付けられているので、消費者も安心して利用できます補聴器には使用者に合わせて、聞こえ方を調整することができる機能もあります。これを購入するのではなく、レンタルしたいと考えている方は耳鼻科に行くといいでしょう。そこでは聴力診断を行い、どのような補聴器の使用が適切なのかを判断してもえます。また、実際にレンタルする補聴器を付けた後も聴力診断を行うので、不安に感じることはありません。

初めて使う方は

補聴器には、耳掛け型や耳穴型、さらに小型の耳掛け型といった種類があります。使用者の耳の形や聴力に合わせて作られるので、価格はデジタル補聴器で約10万円から40万円程と高額です。高額だけど補聴器を使用してみたいという場合には、月額でレンタルをすることもできます。月額3000円程度からレンタルも可能です。レンタルのシステムを利用すると、高額で購入が難しい方や、いくつか種類を試してみたいという方も、気軽に補聴器を試すことができます。一般的には、聴力検査やカウンセリング後、1週間程で補聴器が手元に届きます。補聴器を取り扱っている店舗によって、値段やレンタル期間なども異なるので、しっかりと確認をしてから契約をしましょう。